Skip links

会社概要

ブルックスインスツルメントを精密流体計測制御技術の世界トップに押し上げた背景としてまず挙げられるのは、お客様の生産力を引き上げ、新たな性能レベルに達するための貢献を継続して行ってきたことです。つまり、プロセスの制御、正確な測定を行える環境設定に貢献することで、お客様側のプロセスの精度が高まり、常にお客様が競争力を発揮できるよう寄り添い切磋琢磨しながら、ビジネスの発展と成長を遂げてまいりました。

昨今、当社の製品は、重工業、石油・ガス精製、化学や石油化学の研究、薬品薬剤や生物医薬品の生産、また、太陽電池、LED、薄膜、光ファイバー、半導体の製造装置など、さまざまな分野でご利用いただいております。


実証済みの性能

常に、計測制御技術の柔軟性と精度を新たなレベルにアップグレードする革新的な技術の開発と、製品の提供に取り組む中、ブルックスインスツルメントの流量、圧力、気化計装は、信頼性、安定性、継続性(繰り返し行うプロセス制御)、耐久性に優れ、要求度の高い産業システムや電子製造システムにおいて、10年単位の積み重ねでその力が実証されて参りました。単に 「正確である」 というレベル以上の評価をお客様から頂戴し、信頼できるパートナーとしてお仕事をさせていただいています。

  • 質量流量(マスフロー)コントローラ(MFC)の世界最大のサプライヤー :質量流量技術を世界中の半導体産業にお届けする信頼度最高級のサプライヤーです。
  • ブルックスが所持する有力特許数 :150件を超えており、基礎的な流体計測制御技術で最先端の特許技術がいくつも製品ラインナップに組み込まれています。
  • MFC技術や圧力計測制御技術の開発の先駆者 であるユニット・インスツルメンツ、タイラン、セレリティなどの革新的企業も、今やブルックス製品の幅広い製品シリーズの一角をなしています。
  • さまざまなブルックス製品に、国内の試験所校正トレーサビリティや認証、一般に認められた危険区域認証、圧力境界認証、材料証明書などが付属されています。

専門知識を駆使した開発とサポート

当社装置は、お客様の設備やプロセスの性能および結果と(歩留まり、スループットなど)、流量装置、圧力装置、真空装置の最適な組み合わせを選定、設定するための能力を備えたものです。

専門知識を駆使する社内の計装エンジニアや応用専門家が、プロセス技術の課題の解決、製品のクオリティーのアップグレードに注力してお客様のビジネスの生産性向上のお手伝をいたします。

また、製品の稼働時間をできるだけ長く保つめにも、お客様にご利用いただいているブルックス装置のメンテナンスは、グローバルにまたがる弊社サービスセンターや校正センターが常時対応、こうした製品のサポートとサービスは使用寿命を通じて提供させていただいております。


何十年にもわたる技術革新

1946年単独の計装会社としてスタートして以来、ブルックスインスツルメントは流体計測制御技術の先駆者として、市場をリードしてきました。▶ 沿革・歴史 はこちら


環境方針

ITWジャパン株式会社は、環境保全を人類共通の最重要課題と認識し、この課題解決に対処するために「商品を販売することを通じて社会に貢献する」という企業目的を掲げ、従業員の環境意識を高め、環境に優しい商品・情報・サービスの提供に全社を挙げて取り組みます。また、事業活動を通じて、望ましい環境を創造できる健全な企業として社会に貢献してまいります。当社の環境マネジメントシステムでは、以下の環境方針を定めます。

(1) 良好な施設環境の維持管理に努め、計画的・効率的に業務における環境マネジメントシステムを通じて社会に貢献してまいります。
(2) 環境方針の実現度および環境マネジメントシステムの有効性を示す指標となる環境目標を定め、達成のための活動を実施します。
(3) 環境保全に関する活動を推進し、地域に配慮した汚染の予防に努めます。
(4) 弊社の環境側面に関する法的・規制要求事項に遵守することを約束します。
(5) 従業者全員を対象にした環境教育を行い、環境方針の周知と環境意識の向上を図り、継続的改善に努めます。

2021年2月1日
ITWジャパン株式会社
代表取締役 坂田 健


親会社:ITW

ブルックスインスツルメントは、フォーチュン・グローバル200社にランキングするイリノイ・ツール・ワークス(ITW)の一部門です。ITWは、専用産業機器、消耗品、関連サービスの事業体が集まった世界有数の多角的メーカーとして100年以上の歴史を誇る企業へと成長し、我々を含む何百人もの才能あふれる社員がワールドワイドな環境で、ITWのモットーである 「起業家精神と開発の自由」をばねに、新製品と顧客重視のソリューションの開発で成功、繁栄を続けてまいりました。