Skip To Content

海洋石油掘削のための流量計(高圧、防爆認定)

海洋石油プラットフォームでは、ドリルパイプを通して海底深くにあるドリルビットを冷却・潤滑する為、高圧で掘削泥水を圧送するための正確な流量測定が必要である。ブルックスインスツルメントMT3809金属管式面積流量計は、このような厳しいプロセス条件のもと、ボーリングの繰り返しポンピングを可能にします。

石油、ガス、混合燃料、天然ガス、特殊ガス

アプリケーション要件:

ドリルビットは、高圧のドリルパイプの終端にあり、海底の岩を切り取って油を抽出します。 岩に囲まれていると、摩擦と高圧によってドリルビットがすぐに過熱する可能性があります。 掘削泥はポンプによってパイプに送られドリルビットに送られ、そして岩の削りくずを海底まで引き上げます。 このプロセスでは、ブルックスインスツルメントの金属管面積流量計を使用し掘削泥の流量を測定し、安定した流れを維持します。

ハイライト:

  • 885barまでの圧力に対応する独自の設計
  • 316 ステンレススチールハウジング
  • 高圧下で安定した流量監視と性能

プロセスソリューション:

石油・ガス会社のエンジニアがMT3809金属管面積流量計を指定した。この流量計は、ドリルパイプを通して一定の割合で掘削泥水流を正確に測定するために海上プラットホームに設置されている。泥水がドリルビットに達すると泥水が冷却され、海底の狭いシャフトにあるビットが潤滑される。また、ドリルビットには、泥土が通るための穴があり詰まりを防ぐ。また、岩石の切削屑がある場合、泥は切削屑を表面に運びます。

また、耐蝕性を備えたステンレスハウジングをもつブルックスインスツルメントMT3809の金属管流量計は885barまでの高圧プロセス、混合液、そして-198℃から420℃までの広範囲の温度に耐えることができ石油の掘削のような危険な環境に最良な流量計です。シンプルな設計により、海上でのアプリケーションに適した設置やメンテナンスを容易に行うことができます。

流量計は海洋石油プラットフォームの大きさと比較して小さな構成要素であるが、その機能はドリルビットとドリルパイプを作動させ続ける上で重要です。また、この流量計は、過酷で要求の厳しい使用に対して、運転休止時間と 生産コストを最小化させます。

海洋石油掘削のための流量計(高圧、防爆認定)

フロー概要

流量計は海洋石油プラットフォームの大きさと比較して小さな構成要素であるが、その機能はドリルビットとドリルパイプを作動させ続ける上で重要です。また、この流量計は、過酷で要求の厳しい使用に対して、運転休止時間と   生産コストを最小化させます。

Component datasource missing. Select a datasource for this component.

ニュースレターで最新情報

お問合せ先

アプリケーションエンジニアにお問合せ:

電話:03-5633-7100

関連製品