Skip links

デジタルMFC機能を用いたバイオプロセスの パフォーマンス改善について


 

バイオ医薬品製造は、生命を支える治療薬を生産するために連携して動作する多くの機器に依存しています。機器は、目的の結果を達成するために様々なサブシステムに依存しています。バイオリアクターでは、最も重要な サブシステムの1つが、細胞の代謝に必要なガスの流量管理提供です。 ガス管理サブシステムの中心にあるのはバイオプロセスへのガスの供給を正確に測定および制御するコンポーネントであるサーマルマスフローコントローラー(MFC)です。

適切なマスフローコントローラーの性能は、バイオプロセスの性能にとって大変重要です。 幸いなことに、高度に統合されたマイクロプロセッサベースの電子機器を備えた現代のマスフロー制御デバイスは、非常に堅牢で信頼性があります。 これらのデバイスの機能は、電子ハードウェアとサポートファームウェアの両方により、単なるガス供給以上のものを提供します。 現在、これらのデバイスは、産業用モノのインターネット(IIOT)に関連するネイティブの「インテリジェント」機能、つまりデータ管理と接続を備えています。 この機能を使用して、バイオ製造の運用効率を改善または強化できます

適切な適用、指定、および構成がなされたインテリジェントマスフロー制御デバイスは、さまざまなデータを収集、生成、および通信が可能です。 これらのデバイスは、他の一般的なバイオプロセス機器のデータソース(センサー、プローブなど)とともに、膨大な量のデータを生成する能力を備えています。 すべてのデータがバイオプロセスに必須ではないことには留意してください。 十分なコンテキストデータは、洞察を得て適切な決定を下すために必要な情報を提供できます。 この記事では、より広範なバイオ製造資本資産管理に関連するマスフローコントローラーデータ機能について説明します。 データカテゴリが定義され、さまざまな利害関係者との関連性を議論するために使用されます。 例と推奨事項とともに、利用可能なデータやコンテキストに寄与するデータなど、デバイスデータの利用の実際的な側面に焦点を当てます。

▶ 詳細は ホワイトペーパー(PDF) をご参照ください。

ITWジャパン株式会社
ブルックスインスツルメント

Subscribe to Our Newsletter Here!

お問合せ先

アプリケーションエンジニアにお問合せ:

電話:03-5633-7100

Related Content

1