Skip To Content

差圧トランスミッターのセンシングラインのパージについて

12/30/2022

プロセス液に検出ラインを詰まらせるような汚染があったり、検出ライン内で液体が結晶化したり、ジェル化したりしたらどうでしょうか。どちらの場合も、差圧測定に大きな誤差が生じる可能性があります。これらの問題を回避するための1つの解決策は、センシングラインからプロセスフローに戻る流体の流れを導入することです。センシングラインをパージすることで、一般的な目詰まりの原因である滞留流体を排除することができます。流体は、プロセスに対して不活性な気体または液体、あるいは実際のプロセス流体を少量使用することができます。

Purging Sensing Lines

アプリケーション

検出ラインに流れが生じると、検出ラインに圧力損失が生じ、差圧測定に誤差が生じます。また、プロセス圧力が変化すると、検出ラインの流量にばらつきが生じます。この変動は、信頼性の低い差圧測定となり、メインプロセス流量の測定が不正確になります。プロセス流量の測定精度を向上させるためには、検出ラインの流量を等しくする必要があります。チューブラインが同じ長さであると仮定すると、流量が等しいと各センシングラインの圧力損失が等しくなり、差圧測定の両側に等しいオフセットが生じ、互いが相殺されます。

楽器ハイライト

  • 高性能メカニカルフローコントローラーにより差圧流量測定の精度を向上
  • Sho-Rate™ ガラス管式可変面積流量計との一体型マウントにより、省スペースと設置性の向上を実現

プロセスソリューション

流量を設定するためにニードルバルブ付きの流量計を使用することは、典型的な解決策でしょう。しかし、プロセス圧力が変化すると、設定流量も変化し、誤差の原因となります。ブルックス・インスツルメント社の高性能マニュアルフローコントローラFCA8900と組み合わせSho-Rate™ガラス管可変面積流量計は、流量測定と検出ライン流量の制御のための信頼性の高いソリューションを提供します。

 

流量は、流量計に表示されるのと同じ流量に設定でき、センシングラインの下流圧力(メインプロセス圧力)が変動しても、フローコントローラはこのプリセット流量を維持します。供給圧力は、Sho-Rate™可変エリアロータメータとFCA8900フローコントローラの入口で維持されなければなりませんが、これは圧力レギュレータで簡単に達成できます。

Steve Brown
シニアアプリケーションエンジニア

ペンシルベニア州ハットフィールドにあるブルックス・インストゥルメントのグローバル本社でシニア・アプリケーション・エンジニアを務めるスティーブ。

ニュースレターで最新情報

お問合せ先

アプリケーションエンジニアにお問合せ:

電話:03-5633-7100