SLAバイオプロセス向けMFC/プラント設備の近代化に向けたプロフィネット(PROFINET)

SLA バイオプロセス向けMFC

 

バイオプロセス向けマスフロー新製品をご紹介しておりますが、ライフサイエンスのユーザー様、設備プロバイダー様のご関心を集める内容として1:250のターンダウンによりフルスケールの0.4%まで流量コントロールできるマスフローコントローラ(MFC)の導入により、従来2台必要であったMFCが1台で完結するシステム構築が可能になります。

始動または供給段階での溶存酸素センサのノイズ低減に注目し、低流量気体流を排除することができます。またより広範なプロセス制御とレシピを可能にし、流量測定の改善により、お客様システムのトラブルシューティングとサービス能力を向上させます。これら新商品と長年にわたるライフサイエンス・バイオ医薬製造でのBROOKS製品導入・サポートの歴史は、お客様へ信頼と安心感と与えております。

 

プラント設備の近代化に向けたプロフィネット(PROFINET)

古いプラントの多くは、近代化やプラント改善努力のために資本を割いております。すべての産業は、20年以上経過したコントロールシステムと装置をいかに維持するかという挑戦に直面しています。

EtherNet/IP およびPROFINET プロトコルを搭載したSLA シリーズは、高度な診断ツールとともに、これらの大型パッケージに簡単に含めることができます。より古いPLCおよびDCSシステムは、通常、お客様が重要なプロセス関連の決定を監視し、行うために、流量およびセットポイント(PV)を提供します。ブルックスインスツルメントの高度な診断は、リアルタイムでモニターできる多くの予測、トレンド分析、信頼性駆動のパラメータ・ソリューションを提供しております。

MFCへのチョークフロー、バックスチーミング、キャリブレーションの経時変化、総流量は、いずれも監視可能な貴重なパラメータの一例です。これらのプロトコルを実施することで、Siemens、Delta-V、Rockwell Automation PLCシステムの起動とアクセスを迅速に行うことができます。近代化プロジェクトに参加しているお客様の例として、BI Biberach、ファイザー、ロンザ社等で採用されております。

 

▶ SLA5800シリーズエラストマシールサーマル式マスフローコントローラ/メータ

▶ NEW Biotech Options Now Available on SLA5800 and SLAMf(英語)

▶ NEW: EtherNet/IP™ on SLAMf(英語)

▶ お問い合わせはこちら