Skip links

バイオリアクターの新規設置・既設設備更新に活用ください

250:1のターンダウンレシオは、バイオプロセスに変化をもたらします。
250:1のターンダウンレシオはバイオプロセスに変化をもたらします。
250:1のターンダウンレシオはバイオプロセスに変化をもたらします。
(最大流量の1/250,0.4%の流量まで精度保持します)

バイオリアクター内の好気性細胞培養には、溶存酸素およびpHセンサーによる厳密なクローズドループ制御が必要です。細胞の成長、タンパク質の生成は酸素レベルと直接相関しています。培養層内へ菌株の注入後、最初の細胞は最小限の酸素を消費しています。細胞の数が増えると、酸素の消費量も増えます。バイオリアクターに酸素が供給されない場合、細胞は利用可能なすべての酸素を消費し、細胞死を引き起こします。バイオリアクターで溶存酸素(DO)を制御することにより、プロセスエンジニアはバイオマスを制御し、最終的には生成物の収量を制御することができます。

一定のDOレベルを維持するには、プロセス中に総酸素流量を継続的に増加させる必要があります。 MFCは培養システムの肺に相当し、バイオリアクターに重要な酸素を供給します。従来のMFCの制御範囲は限られており、お客様は通常2つのMFCを使用して必要なすべてのフローをカバーしていました。SLAシリーズ Biotech MFCは、250:1の幅広いターンダウンを提供し、1つのMFCで、培養層内へ菌株の注入から培養の終了までのすべての酸素流量範囲をカバーします。より広いターンダウンは、新しいワクチンに切り替えるときの機器の切り替えの量を減らし、培養層内への菌株注入時におけるDOノイズの量を減らします。

要するに:250:1のターンダウンはあなたのバイオプロセスに以下の効果を提供します。

  • バイオプロセスのパフォーマンスを向上させます
  • 予備品コストを削減します。(フルスケールから微小流量までこれ1台。)
  • システムの信頼性を向上させます

 

【プロセス開発(PD)のご担当者様】実験の信頼性を向上させる方法について、弊社アプリケーションエンジニアがご相談に対応させていただきます。

プロセス開発ラボの中には、可変面積流量計を使用して流量を制御することで、古い自家製のシステムがあるかと存じます。より高精度の管理ができるリアクターシステムへの更新に貢献できます。

SLAシリーズBiotechとISO17025認証の0.4%セットポイントの流量精度は、同じ流量で比較して、より小さな偏差でより広い流量範囲をカバーできます。

低流量範囲での精度は、顧客にとって不十分だと思われますか?
特にプロセス開発段階では、再現性と再現性が重要な役割を果たし、フロー範囲全体にわたって一定に保たれます。

可変面積流量計は、制御範囲(ターンダウン10:1)またはより低い流量範囲での精度を提供できません。フルスケールのパーセンテージで精度を指定すると、流量を減らすときにレートのエラーが増加します。

実験の信頼性の向上については、プロセス開発分野のアプリケーションエンジニアにご相談ください。 プロセス全体が圧力変化でシフトしましたか? Brooksは、SLA5800シリーズMFCによってバイオリアクターの改善とアップグレードをサポートいたします。

 

オンラインにてご説明も承ります。
ご希望の方は下記のリンクよりお申し込みください。

ITWジャパン株式会社
ブルックスインスツルメント

Subscribe to Our Newsletter Here!

お問合せ先

アプリケーションエンジニアにお問合せ:

電話:03-5633-7100

1