既存設備をスモールIoT化しませんか?

近年IoTという言葉をよく聞くようになりましたが、「なにが出来るのか?」「なにが必要か?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

「なにが出来るのか?」については、デジタル通信によって従来のアナログ制御では知ることの出来なかった流量センサー、バルブ、基板、異常のモニターなどの様々な情報を得ることが出来ます。 例えばバルブ開度をモニターすることにより設備の閉塞を、積算流量からリークを知ることが出来ます。 これらの情報は継続して長期間モニターすることによって、更に知見ベースの管理をすることが可能となり、早期の予防保全、予知保全により、にダウンタイム低減と品質管理、品質向上に直結します。

「何が必要か?」についてはBrooksのマスフローコントローラーは従来の0-5VDCや4-20mAなどのアナログ制御に加えて、RS485でのデジタル通信を有しているモデルがあります。

対応機種は旧モデルの58xxS, & MfxxSシリーズもしくはSLA58xxS,SLAMfxxSシリーズです。デジタル通信未対応の古いモデルでも、最新モデルのマスフローに置き換えることによってデジタル通信化が可能です。

新旧モデルで面間寸法は同じで、配線の変更は不要です。 このデジタル通信機能を使って様々な情報を取り込むことが出来、いわゆる「見える化」が大規模な設備の変更をすること無く実現できます。

また、マスフローからのデータを収集するには新規にシステムを構築する必要がありますが、データ収集用のコントロールボックスのご提供も可能です。このコントロールボックスを使うと、複数のマスフローからのデータの収集と外部出力が容易に行うことが出来、まさにスモールIoTが実現します。

 

 

 

デジタル通信の仕様、デジタルコントロールボックスの技術仕様につきましては、
ブルックスインスツルメント各営業所までお問い合わせください。

▶ お問い合わせはこちら