MT3809GシリーズにFOUNDATION™フィールドバスが追加されました

MT3809 with Foundation Fieldbus Transmitter
ハットフィールド、ペンシルバニア州 (3 月14日 2018)-精密な流体測定と制御技術のリーダーであるブルックスインスツルメントは、面積式流量計のMT3809シリーズ にFOUNDATION™ フィールドバストランスミッタを追加しました。それはプラント業界が効率的にデータキャプチャとデジタル通信を実現する為の自動制御システムへの統合を容易にします。
業界をリードするブルックスインスツルメントのMT3809 金属管面積式流量計は、化学、石油化学製品、石油およびガス、および LP ガスのアプリケーションの過酷な条件にも適合するように設計されています。
数千の環境に設置され、ガスと液体の流量を精度良く繰り返し測定し制御することを証明したMT3809は、ワールドワイドの多くの工場に於いて実用的でコストに優れた仕様となっています。
FOUNDATIONフィールドバストランスミッタは、MT3809 フローメータと直接インターフェースするコンパクトなマイクロプロセッサデバイスです。
フィールドバスに準拠した2線式のバス接続によって、トランスミッタと通信アクセスに電源が供給されます。
流量計本体は電源を必要としません。

FOUNDATION™フィールドバスインタフェースで利用できる豊富なデータ

新しいトランスミッタにより、MT3809面積式流量計の次のような仕様に簡単にアクセスできます。
  • 流量
  • 積算流量
  • 温度
  • 密度
  • 校正条件
  • ガスまたは流体の流量が設定値を外れた場合に、設備およびシステムオペレータにHi-Loアラームで通知が可能

追加機能として、MT3809 VA 流量計には、流量を表示できる現場のオペレータ用LCD ディスプレイをご用意しています。
この外部出力は、さまざまな測定単位から選択して表示をさせることができます。
オペレータは、危険場所でハウジングカバーを取り外さずにパラメータを変更することができます。
ブルックスインスツルメントのMT3809面積式流量計のFOUNDATIONフィールドバストランスミッタには、FOUNDATIONフィールドバスプロトコルITK 6.0 の最新バージョンが実装されています。
オプションのトランスミッタとアラーム機能は、ワールドワイドの安全認証に加えて、SIL 2 安全認証を持っています。
MT3809 面積式流量計は、大流量から小流量、広い動作温度範囲(-198℃から420℃)、圧力定格は最大41.3MPaを標準仕様でカバーすることができます。
さらに防爆ハウジングは、世界で最も厳しい危険区域の分類を満たしており、耐圧防爆仕様は、IIC/Class 1, Division 1の環境で使用可能です。

FOUNDATIONフィールドバスを追加したブルックスインスツルメントMT3809 面積式流量計の詳細については、 以下のURLを参照ください。
www.brooksinstrument.com/en/products/variable-area-flow-meters/metal-tube/mt3809-series

ブルックスインスツルメントについて: アメリカ、ヨーロッパ、アジアで製造、販売、サービス拠点を持つブルックスインスツルメントは、ワールドワイドでマスフローコントローラを販売しております。
その製品群には、UNIT Instruments、Tylan、Key Instruments、Celerity、などのレガシー製品が含まれています。
詳細については、www.BrooksInstrument.com を参照してください。
また、LinkedIn (www.linkedin.com/company/Brooks-Instrument) とYouTube(www.youtube.com/user/Brooks407) も参照ください。